顔のたるみ改善なんでも相談室 顔のたるみの効果的な予防対策は?

顔のたるみが本格化する前に、ぜひ毎日自分で簡単にできるたるみ対策をしていきましょう。クレンジング時にできるマッサージ、たるみに効く食事、基礎化粧品の賢い選び方など、生活の中に今日から取り入れられて顔のたるみ予防に役立つ対策方法をご紹介します。

顔のたるみ治療の名クリニック
口コミ・評判総合ランキング→

リンパ液と血液の流れを意識したマッサージが効く!

顔のたるみは、老廃物や脂肪が溜まることでより促進されるため、毎日のケアに老廃物や脂肪を撃退するためのリンパマッサージを取り入れましょう。リンパ腺は老廃物や脂肪を運ぶのが主な働きで、リンパ腺の流れが滞ると流れるものも流れてくれません。リンパの流れを良くし、たるみを悪化させているものをしっかり排出しましょう。
クレンジングしながら、こんなマッサージをしてみてはいかがでしょうか?

  1. クレンジング剤を大きめのマスカット1~1.5粒大手のひらに取り、手のひらで温めてから顔全体と、首にのばす。
  2. 中指と薬指の腹を使い、顔の下から上、中から外へとくるくるとなじませていく。
  3. 各パーツを5秒、全部で15秒ほどメイクを落とすと同時にマッサージ。
  4. 首側面を、リンパに沿って下から上へ、くるくると指の腹を使いながらマッサージ。
  5. 左右10回ずつ行ったらぬるま湯で洗い流す。

毎日続けることで予防に効果が発揮されます。クレンジング時の自然な習慣として、日常に取り入れてみてくださいね。

顔のたるみを予防できる食材があるってホント?

体の老化は、体の外からのケアだけでなく、中からのケアが重要になります。毎日の食事でも、顔のたるみ対策は行えますので、ぜひ良質な食事を心がけてみてください。
顔のたるみ対策になるといわれている食材がこちらです。

【牛すじ】
牛のアキレス腱の部分のことで、コラーゲンがたっぷりと含まれています。体内のコラーゲンが不足すると肌に弾力がなくなりますが、残念ながら加齢による機能低下により、体内で生成されづらくなっていきます。そのためコラーゲンはぜひ意識して摂取するようにしましょう。
【手羽先】
こちらもコラーゲンたっぷりの食材。手羽先は焼くよりも酢で煮込むとより効果的です。手羽先を煮ることでコラーゲン繊維がほどけるため、コラーゲンの吸収率が高まります。
【納豆】
納豆には大豆イソフラボンがたっぷりと含まれています。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをし、肌の保湿作用を高めることが報告されています。
【きゅうり】
きゅうりに多く含まれているシトルリンには代謝を改善する効果があり、血流の流れを良くし、抗酸化機能も期待できます。
【明日葉】
明日葉にはポリフェノールが含まれており、血流を改善してむくみを解消することが知られています。カリウムも豊富で、むくみを防ぐ効果が期待できます。青汁などで毎日摂取することで、美肌をキープしましょう。

基礎化粧品はこの成分に注目!

肌の弾力を支えているコラーゲンが一気に減少し始める30代からは是非、基礎化粧品には顔のたるみ対策となる成分が配合されているかどうかもチェックするようにしましょう。
顔のたるみ対策に効くとされる成分をご紹介します。

  • コエンザイムQ10
  • ビタミンC誘導体

どちらも、コラーゲンを保護し、生成を促す成分です。特に真皮層に多く存在するⅠ型およびⅢ型コラーゲンをケアすることで、肌の弾力を取り戻します。

  • ヒアルフィクス
  • CyPA

どちらも、ヒアルロン酸を保護し、生成を促す成分です。ヒアルロン酸は肌のハリを保つために必要な成分たちを安定化し、保持することで弾力をサポートしています。

  • エルゴチオネイン
  • ピクノジェノール

肌の弾力を守っている真皮層のエラスチンを保護し、生成を促す成分です。弾力に優れていて、コラーゲンの間に均等に存在している成分です。

上記がたるみに効くとされている成分です。基礎化粧品を選ぶ際の参考にしてみてください。また、たるみの大敵は“乾燥”です。そのため、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどで保湿対策もぜひ積極的に行なってくださいね。

顔のたるみ治療の名クリニック
口コミ・評判総合ランキング→

顔のたるみ改善 なんでも相談室 関連ページ

PAGE TOP