まぶた(目の上)のたるみ 整形法辞典

まぶたのたるみを完全に取りたい方には、美容整形の検討を

まぶたのたるみを完全に取ってしまいたい方は、美容外科での整形手術をお勧めします。皮膚を切開する方法もありますが、最近ではダウンタイムが短い「切らない」施術も増えてきました。近年のまぶたのたるみ治療として行われている整形術をご紹介します。

まぶた(目の上)のたるみ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

整形法一覧

重瞼線部切開法

まぶたのたるみを解消する美容整形の中でも、よく知られている方法が「重瞼線部切開法」です。まぶたの脂肪が厚い方や、まぶたが垂れ下がってしまい埋没法が不可能な方によく利用されている定番の方法です。重瞼線部切開法によるメリットやデメリットをチェックしてみましょう。

くわしく知る

埋没法

まぶたのたるみを解消すると共に、目をパッチリと二重にしたい方に人気がある整形術が「埋没法」です。糸を使って二重のラインを作り、何点かで留めるだけの方法なので、ダウンタイムも短く、周囲にバレずに受けることも可能です。ただし、埋没法に不向きな方もいるので事前に確認しておきましょう。

くわしく知る

眉毛下切開法

どんなたるみの状態でも適しているといわれているのが「眉毛下切開法」です。目元の自然な印象は変えずに上まぶたのたるみを改善することができます。二重ラインが加齢によって狭くなってきた方、まぶたの腫れぼったさが気になっている方には特におすすめ。近年とくに人気の高い施術ですが、リスクなども確認しておきましょう。

くわしく知る

眼瞼下垂手術

まぶたのたるみによって目が開きにくい、視界の上方が狭くなっているなどといった状態を「眼瞼下垂」といい、保険が適用される可能性のある症状です。知らず知らずのうちに頭痛や肩こりを引き起こしている場合も多く、早急な治療が望まれます。眼瞼下垂手術の詳しい治療内容やメリット・デメリットをご紹介します。

くわしく知る

サーマクールアイ

サーマクールアイは、顔のたるみを改善するサーマクールの目もと専用の機器です。効果的かつ安全に目元のたるみを改善でき、「切らないフェイスリフト」とも呼ばれます。サーマクールアイには皮膚を引き締めるとともにコラーゲンの生成を促す働きもあるため、皮膚にハリを取り戻しながら、目もとの気になるたるみの解消が可能です。

くわしく知る

ウルセラ

ウルセラは超音波で皮膚の深い部分に熱を与えることで、たるみを収縮させ引き上げる医療機器です。コラーゲンの生成を促し、肌にハリを取り戻すこともできます。また、ウルセラを眉毛に照射することで皮膚を引き上げ、まぶたのたるみを改善する効果も。若干の痛みは伴いますが、ダウンタイムがほとんどなく、安全性を認められている治療法です。

くわしく知る

まぶた(目の上)のたるみ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

PAGE TOP