黒クマの原因と解消法

目の下のたるみが原因の黒クマ、解消方法とは!?

加齢によって目の下がたるみ、そのたるみの影が発生した状態のクマを「黒クマ」といいます。この黒クマを解消するための方法や予防法をご紹介。黒クマを根本的に改善させる治療法とは?

黒クマの原因は?

目の下にうっすら浮かぶ黒いクマ。この黒クマは、まぶたの下のたるみが原因で起こります。たるみやシワが目元に影をつくりそれがクマのように見えてしまうのです。上からライトが当たった時にさらにクマが目立ってしまうのが黒クマの特徴です。
たるみ自体は主に加齢が原因。老化によって目の周辺の筋肉が衰え、脂肪がたまって下がることによって目の下のたるみができます。水分を保持するヒアルロン酸やコラーゲンが年齢とともに減少し、弾力がなくなることも原因のひとつです。
最近ではパソコンを長時間使用する方が増えていますが、これもたるみの原因となります。画面に集中してまばたきの回数が減ると、目の周囲の筋肉が衰え目の下にたるみができてしまうのです。
他にも、目が大きい方や頬骨が張っている人はたるみができやすいと言われている他、急激なダイエットなどで目の下の皮が垂れさがることもあります。

黒クマの解消法は?

黒クマを解消するためには、原因となっている目の下のたるみを解消する必要があります。
セルフケアで出来ることとしては、まず目元の保湿が重要。目元が乾燥すると小じわが増えたるみが悪化し、さらに黒クマが目立ってしまいますので、保湿成分が配合された基礎化粧品で肌表面から肌のハリを保つよう心がけましょう。
外側からのケアと同時に、実践したいのが内側からの保湿。肌だけでなく筋肉や内臓、血など全身の組織を作るタンパク質をはじめ、ニンジンやカボチャなど色の濃い緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAと、きのこ類、海藻類、豚肉に多く含まれるビタミンB群で皮膚の働きを正常にし、乳製品や魚、海藻類に含まれる亜鉛・マグネシウムなどのミネラル成分で肌の新陳代謝を促し、野菜や果物ビタミンC、植物油、ナッツ類、うなぎなどに含まれるビタミンEでホルモンを生成するなど、ターンオーバーを促すためにバランスの良い食生活が非常に大切です。

むくみによっても黒クマが濃くなっている可能性があるので、むくみやすい体質の方は日頃から体全体の血行を良くするために毎日湯船に浸かり、リンパマッサージを行うなどしましょう。
また、アイメイクで黒クマを目立たせなくするのもひとつの手。パール系のコンシーラーで目元にふっくら感を出せれば、黒クマを目立たなくすることができます。
黒クマを根本的に解消するためには美容外科での治療が一番です。美容外科では目の下のたるみを根本解決するための「脱脂術」があります。手術ですが、近年は切開も必要なく、ダウンタイムも少ない治療法が確立しています。また、ヒアルロン酸や脂肪を注入し、頬から目の下にかけて適度なふくらみをつくることで、黒クマを解消する方法もあります。
黒クマに悩まされている方は、一度美容外科に相談へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

黒クマを予防&再発予防するには?

黒クマの原因が加齢による目の下のたるみであることから、たるみを予防することが黒クマの予防につながります。
上述したとおり、何より日々のスキンケアは重要!美容成分がたっぷりと配合された化粧水や美容液のほか、バランスのとれた毎日の食生活はもちろん、食事だけでは補いきれない栄養については、サプリメントにより経口摂取してもいいでしょう。
食生活の中で気をつけたいのが、塩分の摂りすぎです。目の下のたるみにむくみがプラスされることによってさらに黒クマが目立つようになってしまいますが、塩分の摂りすぎはまさにむくみの原因そのものになります。冷たい飲み物の摂りすぎにも注意しましょう。
また、筋肉の衰えが目の下のたるみの原因となりますので、表情筋を鍛えるのがおすすめ。満面の笑みを作ってから口元だけ元に戻す。口を大きく開けて頬の筋肉を伸ばす。力強いウインクを何度も行う。など、テレビを見ながら、家事をしながらでも簡単に筋トレを行えますから、是非挑戦してみてください。

目の下のたるみ・クマ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

目の下のたるみ・クマ 改善Q&A 関連ページ

PAGE TOP