あごのたるみ 整形法辞典

確実にあごのたるみを解消できる、美容外科での整形法

「何を試してみても、たるんでしまったあごのお肉が取れない……」そんなあなたは、美容外科での整形術を検討してみては?あごのたるみは一度つくとなかなか落ちてくれないため、美容医療機関での治療は手っ取り早くきれいに解消できる方法としてとても有効ですよ。あごのたるみ治療にはたとえばこんな整形術がおすすめです。

あごのたるみ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

整形法一覧

メソセラピー

注射をするだけで少しずつ気になるあごのたるみが解消されていくのが、メソセラピーです。今まであごのたるみ取りというと、メスを使って切開する手術などのイメージが強かったのですが、メソセラピーは切開しないため、そのたるみ解消効果だけでなく、ダウンタイムも軽いのが嬉しい点。また効果が徐々に現れるので、周囲の人にバレずにたるみを解消することができます。

くわしく知る

フェイスリフト

各種たるみ治療の中でも最もポピュラーで効果的な治療のひとつが、切開によるフェイスリフトです。通常のフェイスリフトとは、耳のラインなどに沿って切開手術を行い、皮膚や筋膜を引っ張り上げるというもの。切開をするので多少の傷跡はどうしてもついてしまいますが、それ以上にたるみ解消の効果が高く、効果も長く続くため、たるみ治療の最終手段としてその人気は衰えません。

くわしく知る

ウルセラ

“切らないフェイスリフト”と呼ばれているのが、ウルセラです。たるみ治療で人気のサーマクールは肌の引き締めを狙った整形術でしたが、皮膚の下にある『皮下組織』、『脂肪層』、『SMAS筋膜』の中でも、たるみにとって最も重大な関わりがある『SMAS筋膜』に超音波で作用し、たるみを治療するのがウルセラです。1回の施術でも効果が実感でき、さらに美肌にも効果を発揮する強力な治療法です。

くわしく知る

リポコントラスト

局所的な脂肪減少のために開発された冷却療法をパワーアップし、まったく新しい痩身機器として現在話題となっているのが、リポコントラスト。脂肪細胞の数自体を減らすため、リバウンドしないのが凄い点。日本に上陸したばかりの技術で導入しているクリニックもわずかなため、治療機会は大変貴重です。ノーダウンタイムで術中の痛みもなく、1回だけの施術でもあごのたるみに確実に効果を発揮する、画期的な整形術です。

くわしく知る

あごのたるみ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

PAGE TOP