まぶた(目の上)のたるみ 改善Q&A

セルフケアから治療まで!
まぶたのたるみ解消法ガイド

加齢によってたれさがってきてしまったたるみから、目が開きにくいほどの症状まで、やっかいなまぶたのたるみを改善する方法をまとめてみました。まずはなぜたるんでしまうのかの原因を知り、自力でできる解消ほうから美容外科で行われる手術をチェックしていきましょう。

まぶた(目の上)のたるみ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

まぶたのたるみの原因は?

加齢や肥満により上まぶたにたるみが発生する方もいますが、視界の上方が見えにくかったり目を開きにくかったりといった症状の「眼瞼下垂症」を引き起こしている方もいます。まぶたのたるみはなぜ起きてしまうのでしょうか?最適な改善策を考えるためにも、まずは原因について知っておきましょう。

まぶたのたるみの解消法

まぶたが下垂する原因は、加齢によってコラーゲンなどの弾力成分が減少している場合や、筋力の衰えによるケースもあります。まぶたのたるみを改善するために効果的な目元のストレッチから、目元をパッチリさせる手段、根本治療ができる美容外科での手術まで、解消方法を詳しく紹介します。

まぶたのたるみを予防するには?

ちょっとした生活習慣やクセが、まぶたのたるみを引き起こす原因になっていることをご存じでしょうか?パソコンの長時間使用やスマホの使用でも、徐々にまぶたはたるんでいるかも!?まぶたのたるみを改善・予防するために必要な生活習慣の改善策やトレーニング方法などをご紹介します。

まぶたのたるみを手術で取る方法

生活習慣の見直しや、目元の筋力を鍛えることはまぶたのたるみを改善するためにはとても良い方法です。しかし、それだけではすぐに改善することはできません。まぶたのたるみを完全にとってしまいたい方、すぐにでも解消したい方は医療機関である美容外科での手術を検討してみてはいかがでしょうか。

上まぶたのたるみは切らずに取れる?

上まぶたのたるみを美容外科で取るとなると、脱脂を行なったり余剰皮膚を除去したりと、皮膚を切開する手術法が主流です。しかし、腫れが長引くと仕事に影響が出てしまうという方や、顔に傷跡が残ることに抵抗があるという方も多いと思います。そんな方に是非知ってもらいたい、切らないたるみ術についてご紹介。

治療後の効果は何年もつの?

まぶたのたるみを改善する手段はさまざまですが、手術で解消するという方法もあります。手術による治療効果は、どのような施術法をとるかによっても異なるもの。効果が続くのは3年という手術もあれば、5年以上もつ施術もあります。どのような手術があり、その方法は何年治療効果が持続するのかご紹介します。

まぶたのたるみ取りの失敗とリスクは?

まぶたのたるみ取りの手術をすれば、すっきりとした目元を手に入れることができます。しかし、手術がすべてにおいて成功するとは限りません。きれいになれなかった、傷跡が残ったなどといった失敗は起こりうることです。施術を決める前に失敗例を学び、どうしたらリスクを減らせるか押さえておきましょう。

まぶたのたるみ手術の痛みについて知りたい!

まぶたのたるみ手術には切開する手術や埋没法などがありますが、そういった治療は局所麻酔などをして行うため、それが効いていればまぶたを触られている違和感はあっても痛みを感じることはないと言われています。そうは言っても痛みに弱い方は心配なもの。実際はどうなのか?麻酔は痛いのか?などについても知っておくと不安が軽減されるでしょう。

まぶたのたるみ手術のダウンタイムは?

まぶたのたるみに対し切開をする手術を行った場合、効果は大きいですがそのぶんダウンタイムも長くなります。埋没法であれば、ダウンタイムを短く済ませることが可能です。このように手術によってダウンタイムも変わるため、自分の生活に合わせたものを選ぶといいでしょう。たるみ手術の選択をする際に参考になる内容を紹介します。

まぶたのたるみはアイプチの副作用?

まぶたのたるむ理由にはいろいろありますが、アイプチもそのひとつです。アイプチは手術などをするよりも手軽でリーズナブルに二重になれる方法ですが、長期間の使用はまぶたがたるんでしまう原因に。アイプチの副作用について学ぶとともに、たるんでしまったまぶたの解消法についても知っておきましょう。

まぶた(目の上)のたるみ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

PAGE TOP