あごのたるみ 改善Q&A

改善するため知っておきたいあごのたるみの基礎知識!

早い方は20代後半から、徐々にたるんできてしまうあご。体重の増加による二重あごはもちろんですが、体重が増えていない方でもあごがたるんできてしまうことはあるんです。では、なぜあごにたるみが発生してしまうのでしょうか?改善するためにも知っておきたい基礎知識をご紹介!

あごのたるみ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

あごのたるみの原因は?

ぷよぷよと下垂してくるあごの脂肪、下を向くと露骨に現れる二重あご……。そのまま放っておくと、一生戻らない可能性も!?あごのたるみは肥満だけでなく、加齢や普段の生活習慣からも引き起こされる症状。改善するためにも、まずはあごがたるんでしまう様々な原因を知っておきましょう。

あごのたるみの解消法

あごのたるみを改善するための具体的な解消方法を解説。二重あごを解消するためのおすすめセルフケアや、自宅で気軽に試せるたるみ解消グッズ、最終兵器の美容外科でのたるみ治療まで、幅広くご紹介!「最近たるんできたな」と気になり始めた方も、今すぐにでもたるみ解消したい方も、要チェック!

あごのたるみを予防するには?

あごがたるんでいないという方も、実は時間の問題。歳を重ねることでどうしてもあごのたるみは発生するので、今から予防策を取っておくに越したことはありません。表情筋の衰えを防ぐためのエクササイズ方法や、食生活の改善、たるみを発生させないための正しい姿勢など、あらゆる予防法をご紹介!

あごのたるみの手術って何をするの?

あごのたるみを改善する手術には、メスを入れて筋膜を引き上げたり、脂肪を取り除いたりする方法や、脂肪を吸引し取り除くものがあります。さらに脂肪溶解注射などのほか、超音波やレーザーを用いて皮膚細胞を活性化させる施術、コラーゲンの生成を促してハリや弾力を持たせる施術など。あごのたるみ改善を考える際には、それぞれの内容を把握しておきましょう。

治療後の効果は何年持つの?

治療後の効果は手術の内容によって異なります。切開をして取り除く方法であれば5~10年は持つと言われていますが、リスクもあります。超音波やレーザーなどの治療はリスクもダウンタイムも少ない方法ですが、効果は半年から1年程度です。それぞれのメリットとデメリットを考慮して、希望に合った方法を選びましょう。

あごのたるみの取り失敗とリスクは?

あごのたるみを取る手術では、腫れや痛み、内出血などの後遺症が出る場合がありますが、通常それらは1~2週間程度でおさまります。しかしなかには、肌にやけどを負ったり、皮膚が凸凹になってしまったり、あごの形が美しくないなど、なかなか簡単には直せない失敗やリスクもあるということを知っておきましょう。

あごのたるみ手術の痛みについて知りたい!

あごのたるみを取る手術で切開や脂肪吸引をする場合、麻酔を行うため術中の痛みはほとんどありません。刺激に弱い方だと麻酔の注射に痛みを感じることもあるでしょう。麻酔が切れたことや、何かしらのトラブルによって術後に痛みが出ることもあります。切開よりも効果は薄いものの痛みが少ない方法もあるため、自分の希望に合わせて選択をしましょう。

あごのたるみ手術のダウンタイムは?

あごのたるみを取る手術は、その内容によってもダウンタイムが違ってきます。高い効果が期待される切開や脂肪吸引は、痛みや腫れ、かゆみなどが出ることもあり、1~2週間のダウンタイムが必要です。なかにはダウンタイムがない方法もあります。仕事のスケジュールなど生活スタイルを考慮しながら、適した手術を選ぶといいでしょう。

あごのたるみ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

PAGE TOP