赤クマの原因と解消法

色素沈着が原因の赤クマを解消する方法とは!?

テレビやパソコン画面を長時間見る機会がある方にできやすい「赤クマ」についてまとめています。なぜ赤クマはでき、どうしたら解消することができるのでしょうか?赤クマを根本的に解決する方法なども紹介!

赤クマの原因は?

目の下が赤くなり、少し腫れているように見えるタイプのクマは「赤クマ」です。目頭の下あたりにできるのが特徴です。長時間パソコン画面やテレビを見ることでふくらみが発生し、その後赤クマへと変化していきます。ふくらみができることによってそれが影となり、赤クマと黒クマを併発してしまう方が多いよう。
赤クマの原因は、血行不良。青クマと同じ原因ですが、青クマが静脈のうっ血に対し、赤クマは静脈・動脈両方のうっ血です。他のタイプのクマに比べると比較的軽度なクマだといえるでしょう。疲れが溜まり血行不良を起こすことで目の周囲にある眼輪筋という筋肉が透過したり、眼窩脂肪が突出してそれが赤く見えることで赤クマとなります。また、目の下で小さな血栓症を起こすことも赤クマの原因です。

赤クマの解消法は?

他のクマに比べると比較的軽度のクマではありますが、そのまま放置すると血流が滞り、たるみを引き起こしてしまう可能性があります。目の下が腫れてきた、赤クマができたという場合には早急に対策するよう心がけましょう。
赤クマを解消するためには、やはり血行を良くすることが先決。赤クマに気づいたら、水にぬらして硬く絞ったタオルをレンジで1分間程度温め、目元に当てます。血行が良くなり、赤クマの解消につながります。
しかし、毎日のケアで解消できなくなったら美容外科での治療がおすすめ。
赤クマがある場合は、眼窩脂肪の突出による目の下のふくらみがある場合も多く、「脱脂術」によって改善を目指せすこともできます。以前は手術と言うと切開が前提でしたが、近年は皮膚を切開することなく、まぶたの裏側に小さな穴を開けて行う「切らない脱脂術」を扱う美容外科も増えてきました。
ちなみに赤クマは、ヒアルロン酸注入やレーザー治療だけでは解消できないクマです。まずは自身のクマのタイプをハッキリさせて適切な治療法を知るためにも、美容クリニックへ相談に行ってみるといいでしょう。

赤クマを予防&再発予防するには?

クマとしては軽度な状態ですが、気づいたときにしっかりとケアをしていくことが悪化防止につながります。メイクで隠すだけではまたすぐに赤クマは発生してしまうので、まずは、パソコンやスマホと向き合う時間を減らせるのなら減らし、コンタクトもはずして目を休ませてあげる時間を増やしましょう。
毎日湯船に浸かり、体を温める食材をたっぷりと入れた食事を摂るなど、血行促進を心がけることも大切。全身のリンパマッサージなども効果的です。血行を良くするほか、同時に良質な睡眠もとり、とにかく疲れを残さないことが大事です。
血栓症によって引き起こされる赤クマの場合には、ビタミンKを摂ることが大切だといわれています。海藻類やブロッコリーに多く含まれている成分で、サプリメントや化粧品にも含まれているものなので、ビタミンKが配合されているサプリや化粧品を積極的に使うなど対策をとりましょう。

目の下のたるみ・クマ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

目の下のたるみ・クマ 改善Q&A 関連ページ

PAGE TOP