青クマの原因と解消法

血行不良が原因の「青クマ」の解消方法とは!?

目の下にうっすらとできてしまう「青クマ」。なぜ青クマはできてしまうのでしょうか?青クマができやすいという方は、生活習慣から変えていく必要があります。青クマの原因、解決法などをご紹介します。

青クマの原因は?

徹夜をした翌日、パソコンの前に長時間いた日、寝不足が続いているときなどに、目の下に黒っぽいクマができることはありませんか?そのクマは、「青クマ」と呼ばれているものです。
青クマの原因は主に血行不良で、睡眠不足、体調不良のときによく引き起こされます。目の下にうっすら黒い影ができますが、それは血液の色。本来、血液はきれいな赤色をしています。しかし血流が滞ってうっ血を起こすことにより、酸素不足になった血液が黒っぽく変化してしまうのです。この変色した血液の色が、目元の薄い皮膚から透けて見えることで、青クマが発生します。
青クマが起こる血行不良の原因としては、睡眠不足、ストレス、疲労、眼精疲労、喫煙、運動不足、体の冷え、食生活の乱れなどがあげられます。
青クマがよくできる方は、冷え症の方や仕事が不規則な方に多く、目の下の皮膚が人より薄い方や色白の方もできやすいといわれています。

青クマの解消法は?

青クマは他のタイプのクマと比べて比較的解消しやすいタイプのクマです。
一番てっとり早い青クマ解消法が、ホットタオルを目の上に乗せること。水で濡らして硬く絞ったタオルを電子レンジに入れ、1分間温めましょう。メイクをする前にしっかりとホットタオルを目元に当てれば、血行が促進されます。
アイメイクで青クマを解消する方法もあります。一般的には、ピンクかオレンジ系のコンシーラーがベスト。コンシーラーをクマが気になる目元に叩き込み、イエロー系を広範囲に広げると青クマが目立たなくなります。
マッサージをする場合には、目元ばかりに集中しないでデコルテも含めたマッサージを行うといいでしょう。頭部全体の血行が良くなり、改善効果がより高まります。マッサージをする際には、指の腹を使って力を入れず、なでるように行いましょう。

青クマを予防&再発予防するには?

青クマを予防するためには、一番の原因である血行不良を解消しなければなりません。日々の習慣としてホットタオルを当てて血行を促進するほか、ふくらはぎのリンパマッサージを行ったり、シャワーだけでなくしっかりと湯船に浸かったりするなど、体全体の血行促進を目指しましょう。
睡眠不足は大敵です!睡眠のリズムを整え、しっかりと睡眠をとることで青クマの再発を予防しましょう。それでも改善できない場合は、さらに日々の生活を見直してみましょう。レトルト食品ばかり食べていたり、過剰にアルコール摂取していたりしませんか?暴飲暴食や不規則で不健康な食事習慣を見直し、血液が滞らないようサラサラにするための食生活を心がけることも効果的です。
また、意識的に体を温めるのも重要です。体を冷やすような冷たい食品や飲み物ばかり摂取せずに、ショウガ、ネギ、唐辛子など、体を温める食べ物も積極的に食事に取り入れていきましょう。なるべく湯船には毎日浸かり、オフィス勤めの方はエアコンで冷えないよう、カーディガンを羽織ったり、ひざ掛けを掛けたり、あたたかい靴下を着用するなど、体の芯から温めていくことで血行がスムーズになり、青クマができてしまう事態は避けられるはずです。

目の下のたるみ・クマ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

目の下のたるみ・クマ 改善Q&A 関連ページ

PAGE TOP