茶クマの原因と解消法

色素沈着が原因の茶クマを解消する方法とは!?

目の下が黄みがかったり茶色くくすんだりしているのは「茶クマ」と呼ばれるタイプのクマです。茶クマはなぜできてしまうのでしょうか?茶クマの解消方法や、予防方法などをご紹介します。

茶クマの原因は?

睡眠をしっかりとってもクマが解消されないのなら、もしかしたらそれは「茶クマ」かもしれません。睡眠不足からできてしまう青クマはうっすら黒い色をしているのですが、茶クマは目元が黄みがかったり茶色くくすんで見えたりしています。
茶クマは、睡眠不足や体調不良など、一時的な原因は関係なく、常にクマが出ている状態であることが特徴です。
茶クマの主な原因は、目元の皮膚の色素沈着。紫外線を受けたまま適切なケアをしなかったり、メイク時に目元をこすりすぎてしまったりすると、色素沈着を起こしやすくなります。アトピー性皮膚炎や化粧品かぶれも茶クマの原因になりえます。
また、遅発性両側性太田母斑様色素斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)と呼ばれるアザが原因で茶クマになっている場合もあります。メラニンが皮膚の奥に沈着している状態で、20歳前後からできることが多く、頬、額、小鼻、目の下などに灰色と茶色が混ざったような色素斑として現れます。

茶クマの解消法は?

茶クマの主な原因は色素沈着なので、解消のためには美白ケアを心がける必要があります。美白効果のある基礎化粧品を選んでケアをし続けることや、週1回のピーリング習慣をつくってメラニンの排出を促すことで軽減できます。
美白ケアだけでなく、保湿ケアも忘れてはいけません。肌が乾燥している状態だと古くなった角質が滞ってしまい、ターンオーバーがスムーズにいかなくなります。肌に十分に潤いを与えてあげることで新陳代謝が活性化され、滞っていたメラニン色素の排出もスムーズに行われます。目元の潤い対策もとくに気を付けて行うことが茶クマ解消への近道なのです。
しかし、どんなセルフケアでも茶クマがすぐに解消されるわけではありません。なるべく早く確実に茶クマを薄くしたいのなら、美容外科での治療がおすすめです。特に遅発性両側性太田母斑様色素斑の場合はセルフケアでは解消することは難しく、レーザー治療が必要になります。また美白効果の高い薬ハイドロキシンを処方してもらうこともできますので、まずは美容外科・クリニックに相談に行ってみましょう。

茶クマを予防&再発予防するには?

目の下にクマができてしまうと、コンシーラーやファンデーションなどのメイクでなんとか隠そうとしますよね。しかし、茶クマの場合はなんとこのメイクこそが原因になってしまっていることが考えられます。アイメイクを落とすとき、ついついゴシゴシこすってしまってはいませんか?その摩擦による刺激から皮膚を守ろうとメラニンを過剰に分泌してしまい、それが色素沈着の原因となってしまいます。シートタイプのメイク落としはラクチンですが、知らず知らずこすってしまいがちですので注意してください。
摩擦が色素沈着になるわけですから、目がかゆくてもゴシゴシこするのは厳禁。かゆくて仕方がない場合は皮膚科などに相談を。
また、化粧かぶれから茶クマに発展しまうことがあるので、肌に合わないと感じた場合は早急に使用を止めましょう。もちろん紫外線を浴びることでも悪化するので、紫外線対策は必ずお忘れなく。
乾燥ケアを徹底するのも、茶クマ予防の要!乾燥が色素沈着につながるため、洗顔料をすすぐときの洗いすぎに注意し、保湿成分たっぷりの化粧品をやさしく目元に置くようにしみ込ませていきます。日々の正しい洗顔とスキンケアが、色素沈着のない目元をつくっていきます。
また、美容クリニックで定期的にイオン導入をしてもらうのも、色素沈着によるクマを防ぐ効果があります。イオン導入は、皮膚に微量の電流を流すことで、水溶性のビタミンCなどの有効成分をお肌の奥まで浸透させることが可能な施術メニューです。美白作用が認められており、ニキビ治療やシミ治療などにも利用されるものですが、軽度のクマを解消させるくらいにも効果があり、クマ予防には最適です。

目の下のたるみ・クマ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

目の下のたるみ・クマ 改善Q&A 関連ページ

PAGE TOP