目の下のたるみ・クマ解消法別 費用の相場

目の下のたるみ治療費用は美容外科によって違う!?

保険医療制度は、病気になった人の治療のために誕生した制度のため、各個人が病気以外での治療や施術を求める医療サービスである美容外科診療は、ほとんどの場合が自由診療となります。そのためクリニックごとに費用が異なるのですが、価格相場はどの程度なのでしょうか?費用面で知っておきたいこと、注意したい美容外科の特徴などを紹介。

主な治療法の費用相場は?

目の下のたるみ・クマ解消治療を受ける前に、知っておきたいのが費用相場です。相場を知って、検討している美容外科の料金設定と比較してみましょう。
まず、目の下のたるみ・クマ解消施術として近年人気の高い手術「経結膜脱脂法」は、20~40万円が平均価格。皮膚を切開するたるみ取り「ハムラ法」が30~50万円程度、切らない「経結膜的ハムラ法」が35~50万円程度となります。
注入系治療では、「ヒアルロン酸」が3~15万円。「ボトックス」(目尻、目の下の内側のシワ)が1~4万円程度。「PRP」「成長因子(グロスファクター)」がともに5~20万円。「脂肪注入」が20~40万円ですが、注入範囲や脂肪の加工の仕方、量で上下します。
一度効果を得たら半永久的に持続するという「レーザー治療」は、機器によって異なりますが、1回の治療で5万円以上はかかるでしょう。
さらに麻酔の有無、施術する範囲などで料金は変わりますから、カウンセリングでしっかり確認しましょう。

同じ治療でもクリニックによって値段が全然違うのはなぜ?

相場とはいえ、ほとんどの治療に10万円以上の開きが見られることに疑問を抱いた方も多いでしょう。例えば経結膜脱脂法の費用が、美容外科Aでは15万円のところ、美容外科Bでは30万円だったりすることがよくあるのです。このように、同じ目の下のたるみ・クマ解消治療メニューの費用が美容外科によって大きく異なるのは、美容外科治療が各医院が自由に料金を決めることのできる「自由診療」だからです。
というのもそもそも「保険診療」とは、病気になった場合、社会保険や国民健康保険などの公的医療保険が適用される診療のこと。保険診療なら、どこの医療機関でも同じ料金で治療を受けることができます。
一方、自由診療とは病気の治療ではないため、健康保険が適用されない診療のことで、医療費の全額が自己負担となります。病気やケガで治療が必要なときには保険が適用されますが、健康上影響がない医療行為は保険の対象とみなされません。美容整形の他にも、人間ドッグ、歯列矯正、一部を除く予防接種などが自由診察にあたります。
しかし美容外科でも、重度の目の上のたるみ治療や、わきが治療など、いくつかの『病気』に対しては保険適用が認められている場合があります。ですがそうした症状でも、傷跡を残さないための治療方法など、施術法によっては保険適用外になります。

こんな料金トラブルにはご用心!

美容外科では料金設定を自由にできるからこそ、まれに詐欺まがいの請求をしてくる美容外科があるのも実情。国民生活センターには「強引に契約させられキャンセルも拒否された」「治療前には提示されていなかった料金を請求された」「キャンペーン中のメニューを受けに行ったらカウンセラーにどんどん高額な治療を薦められ、断りきれなかった」などといった声が寄せられています。こうしたトラブルに合わないためにも、契約書類はしっかりと確認しましょう。またもし強引な勧誘を受けた場合には、強い意志を見せて断るか、出来ない場合は「今日はいったん考えます」「夫に相談しないと決められない」などと言って、その場で契約しないようにすること。
また、美容外科治療の費用というのは、施術内容や料金に含まれる内容が各クリニックによって微妙に異なります。たとえば診察代や薬代、麻酔代、アフターケア代、化粧水などのコスメ代、カウンセリング代……。どこまで何が「費用」に含まれていて、その費用以外にはどんなお金が必要になるのか、治療を受ける前に必ずよく確認しましょう。

目の下のたるみ治療の名クリニック
口コミ・評判総合ランキング→
目の下のたるみ・クマ 改善Q&A 関連ページ

PAGE TOP