目元のくま・たるみ治療に保険は適用される?

目元のくま治療にも保険が適用されるケースがある

同じ美容外科で施される治療の中でも、保険が適用される治療とされない治療があります。目元のくまの改善、たるみの解消などの治療の中にも、保険が適用されるものはあるのでしょうか?ピックアップしてご紹介します。

目の下のくまやたるみに保険は適用される?

医療機関で受ける治療には「保険診療」と「自由診療」があり、美容外科で受けられる施術のほとんどは自由診療にあたります。残念ながら目元のクマやたるみの治療もそのほとんどが自由診療にあたり、保険が適用されない治療となります。
保険治療とは、人々が平等に病気を治し、健康を守るために作られた制度なので、目元のクマやたるみ治療をはじめ、豊胸手術や二重まぶたのプチ整形など、治療をしなくても健康上問題のない施術には、基本的に保険は適用されません。同じ治療名でも、保険が適用される場合と適用されない場合がありますが、これは患部の改善だけでなく、見た目の美しさにもこだわっているかどうかが関係しているためです。例えば、重度の目の上のたるみを取る場合、傷跡を残さないことを重視して、切開しない方法を選んだ場合は保険が適用されず、自由診療扱いになることがあります。

こんな場合は保険が効く可能性が……

上述したとおり、美容外科で受けられる施術のほとんどは、病気を治療するものではなく健康な状態にプラスアルファするための医療行為なので、自由診療が基本ですが、以下のような場合には保険が適用されることがあります。ここでは目元の治療を中心にピックアップしてみました。

【眼瞼下垂】
まぶたが開きにくい状態である眼瞼下垂は、そのままにしておくと肩コリや頭痛が発生するようになります。生活に支障が出てしまいますので、保険が適用されます。
【眼瞼外反修正術】
加齢によって目元がたるみ、あかんべー状態になっている状態を眼瞼外反といいます。重傷になると、目が乾燥しやすくなり角膜に傷がつく恐れもあるので、保険適用となります。
【ほくろ除去】
悪性のほくろ、または悪性の危険があるほくろの除去には保険が適用されます。また、ほくろの形がいびつだったり大きすぎたり、病気を疑っているので除去したいという希望がある場合など、悪性ほくろ以外でも、クリニックによっては保険適用になる場合があります。
【逆さまつ毛】
逆さまつ毛で生活していると、眼球を傷つける恐れがあるので、保険が適用されます。

まずはカンセリングで、医師に相談を

目元のくまやたるみ治療を受けようとしている場合、あらゆるクリニックの費用を比較する方も多いかもしれません。もちろん治療もうまくいき、さらに安く済めば言うことなしですが、最初の入り口を料金の安さだけで決めてしまうのは大変危険です。
脂肪吸引での死亡事故、手術後の終わらない痛みで集団起訴、麻酔薬の誤投与による重大事故など、美容外科での事故をニュースで時々目にすることがあると思いますが、その多くが医師の経験・技術不足や知識不足から起きてしまっているもの。
料金でクリニックを比較したり、キャンペーンをしているから、と飛び込んでみるのもいいのですが、それと同時に必ず担当医師の経歴・実績・評判を確認し、治療内容についても1院だけで満足し、即決てしまうのではなく、何院か気になるクリニックを周って、ぴったり合うと思えるクリニックや医師を探してみましょう。大抵の美容外科では無料カウンセリングを設けていますので、美容外科の雰囲気、スタッフの対応、医師の知識や技術、親身にこちらの立場に立って考えてくれているかなどを確認するのです。費用のことが心配であれば、事前に医師に上限費用を明かすのも手です。そこからできる範囲で最適な治療法を提案してもらいましょう。
また、のちのトラブルを防ぐため、かかる総額費用のことは(聞きづらくても)手術前のカウンセリングで臆することなく質問することをおすすめします。

目の下のたるみ・クマ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

目の下のたるみ・クマ 改善Q&A 関連ページ

PAGE TOP