目の下のクマ治療って何するの?

ビギナー必見!目の下のクマ治療法と注意点

美容外科で行われている目の下のクマの治療には、どのような方法があるのでしょうか?また美容外科のカウンセリングでまず行われる診断についてや、治療に関するリスクも解説しています。目の下のクマ治療を行いたいと思っている方は是非事前にご覧ください。

美容外科のカウンセリングに行くと、まず何をする?

目の下のクマ治療で美容外科に行くと、どの美容外科でも必ずカウンセリングが行われ、まずクマの種類を診断されるでしょう。なぜならひとくちに「クマ」といっても、その種類は1つではなく、大きくわけて「青クマ」「黒クマ」「赤クマ」「茶クマ」の4種類に分けられ、それぞれ打つべき対策が違うからです。
寝不足や血行不良が原因の「青クマ」は、目の疲れや冷えから血行不良が起き、酸素不足で黒ずんだ血流が透け、青白く目立ってしまったもの。青クマの場合は、睡眠を十分にとっただけでも解消されることがあります。脂肪や皮膚のたるみによって発生している「黒クマ」は、目の下の脂肪が浮き出ることによってたるみが影となり、クマのように見える状態。黒クマを解消するためには美容外科での「脱脂術」が効果的だといわれています。「赤クマ」の場合は、長時間テレビやパソコンの画面を見る機会が多い方、目の疲れをなかなか解消できない方に起こりやすい症状で、目の下が赤く、腫れているように見える症状。治療だけでなく、血行にも気を付かなくてはいけません。「茶クマ」は、メイクや日焼けによる色素沈着が原因で起こってしまう症状。新陳代謝を促進させてメラニンを排出するレーザー治療などが最適。クリニックによってはピーリングが適用されることもあります。
このように、クマのタイプによって治療法が異なりますから、まずはカウセリングで医師にしっかりとクマの種類を鑑定してもらいましょう。

美容外科のクマ治療の方法は?

目の下のクマ治療は、クマの種類や症状によって異なります。
比較的クマが軽度な方や手術に不安を抱いている方に適用されるのが、ヒアルロン酸注入やボトックス注入です。目の下にふくらみがあり、その影がクマになっている場合には、手術によってふくらみを除去するのではなく、ふくらみに合わせてヒアルロン酸等を注入してあげるのです。ヒアルロン酸よりも脂肪の方が効果が長く、自身の脂肪を目の下に注入することで目の下の凹みをカバーします。
色素沈着が原因でできてしまっている茶クマには、蓄積されたメラニン色素を除去するためのレーザー治療や、ピーリングが効果的です。レーザー治療では黒ずみを除去するだけでなく、皮膚をひきしめる効果を持つマシンもあり、目元のアンチエイジングにはぴったりだといえるでしょう。
たるみを併発しているクマの場合は、脱脂術を薦められるかもしれません。加齢により目の下の眼窩脂肪が垂れさがると、たるみが発生し、その影がクマとなります。30代以降になるとこの黒クマに悩まされている方が多いのですが、美容外科ではそれを解消するための手術、“切らない”脱脂術「下眼瞼脱脂術」「経結膜脱脂術」がとくに人気。下まぶたの裏に小さな穴を開けてそこから脂肪を除去する方法なので、表面に傷跡ができることもなく、ダウンタイムもほとんどありません。
このように様々なクマ治療法がありますから、ご自身の希望やクマの症状に合わせて、最適な治療法を提案してもらいましょう。

クマ治療におけるリスクとは?

美容外科での目の下のクマ治療にも、リスクはあります。 例えば脱脂術。目の下の脂肪を除去する脱脂術は、ふくらみに合わせて適量を除去できればいいのですが、除去しすぎることによって凹みができてしまい、それがまた深い影を作ってしまう恐れがあります。中には脱脂術を行ったせいで「しわが増えた」「治療前よりも悪化した」という声も……。
凹みを解消するためには、目の下にヒアルロン酸や脂肪を注入する施術が必要ですが、注入の際に下眼瞼脂肪のバランスの見極めを誤ると、更なる凹凸が発生してしまいます。また注入時に脂肪が空気に触れるため、感染症を引き起こす恐れもあります。
また、切る脱脂術では下眼瞼を切開することによって外傷ができてしまい、下眼瞼の外反、いわゆるアカンベー状態になってしまう方もいます。
このように、目の下のクマ治療にもリスクは存在します。このリスクを避けるためには、目の下のクマ治療において実績豊富な腕のある医師に担当をお願いするしかありません。目の下のクマ・たるみ取りを得意とする専門医であることや、多数の症例経験があることを踏まえた上で、実際にカウンセリングに行くことが大切です。

目の下のたるみ・クマ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

目の下のたるみ・クマ 改善Q&A 関連ページ

PAGE TOP