目の下のクマを消す方法

目の下のクマはどうしたら消し去れる??

気になる目の下のクマ。クマがあるだけで不健康に見えたり疲れて見えたりと嫌な存在ですよね。ここでは目の下のクマを確実に取るために、4種類あるクマのそれぞれの特性とタイプ別の効果的な消し方を見ていきましょう。

まずは“クマの種類”をチェック!

目の下のクマの種類はひとつではありません。大きく分けて「青クマ」「黒クマ」「赤クマ」「茶クマ」の4種類に分けられます。
若い頃でもできやすいのが、「青クマ」です。青クマは、寝不足が続いたり、疲労が溜まったりしたときに現れるクマで、しっかり睡眠をとるなどして血行を良くすると比較的解消されやすいクマです。
目の下のたるみやふくらみが原因となっているのが、「黒クマ」。眼球の周りを取り囲んでいる特殊な脂肪を窩脂肪(がんかしぼう)と呼びますが、この脂肪が年齢とともに次第に移動して目の下をふくらませ、このふくらみにより黒クマが発生します。また、窩脂肪が原因ではなく目の下がくぼみ、影になっていることで黒クマになる場合があります。
目の周囲にある眼輪筋という筋肉が圧迫され、赤く透けて見えるのが「赤クマ」です。血行の悪さや、窩脂肪の突出によるふくらみで眼輪筋が押し出され透けて見えるのが主な原因です。
肌が色素沈着を起こしクマのようになっているのが「茶クマ」。紫外線による日焼けや、乾燥、メイクによる摩擦などにより次第に色素沈着を起こし、更に加齢による目の下のシワが重なって影になり、茶色く見えることもあります。

種類別でみる!クマを消す方法

目の下のクマを消す方法としては、4タイプあるクマの種類別に、適切な治療やケアをする必要があります。
青クマの場合は血行不良が原因なので、しっかり睡眠をとったり、蒸しタオルを当てて血行を促進したりすることでほぼ改善されていきます。
黒クマの場合は目の下のふくらみを解消するのが先決。美容外科では「脱脂術」という目の下の脂肪を除去する治療が行われています。切開する昔ながらの方法と、切開せずにたるみを除去する最新の方法とあり、近年は体に負担の少ない切開しないで行う脱脂術が人気です。また、脱脂術のあとに脂肪注入やヒアルロン酸注入などを行い、凹凸のないフラットな目元をつくることもあります。
赤クマを取るためには、軽度の場合なら、疲れを意識的に取り、血行を良くする努力で解消されるでしょう。一日一日の疲れをしっかりと解消するために毎日湯船に浸かり、睡眠をたっぷりとることが基本的な対策です。ただし目の下の皮膚がたるんで赤クマが発生している場合は、やはり美容外科で相談したほうが良いでしょう。
茶クマの治療には、レーザー治療などの美容機器を使ったメニューが主流。目の下の色素沈着にレーザーを照射することにより、排出できていなかったメラニンを除去し、新しいメラニンの生成を阻止することができます。ピーリングなど、美白効果のある治療や自宅ケアも適していますが、目元をこすりすぎないように気をつけましょう。

確実にクマを消したいなら、この方法

上述のようにクマの種類や発生する原因は様々ですが、どのタイプであっても、最も確実な目の下のクマを取る方法は、美容外科での治療です。30代からの目の下のクマは、美容外科で行われる脱脂術により解消される「黒クマ」であることが多いのです。また赤クマや茶クマも、目の下のたるみを併発していることにより悪化しているケースが多いので、目の下のクマと同時にたるみやふくらみも気になる方は、脱脂術による改善を検討してみてはいかがでしょうか。
脱脂術の方法もいくつかあり、これまでは下まつ毛の生え際を切開し、そこから脂肪を除去する方法が一般的でしたが、この方法は傷痕が残るケースも多く、さらに腫れや痛み、内出血などダウンタイムを覚悟しなくてはいけないものでした。しかし最近では、「下眼瞼脱脂術」や「経結膜脱脂術」といった脱脂術が注目を集めています。下まぶたの裏に小さな穴を開けてそこから脂肪を除去するため傷跡がわからず、ダウンタイムもほとんど心配ありません。
一口にクマと言っても、タイプによって効果的な治療法は異なり、またあらゆる原因が折り重なってクマが発生していることもあるので、まずは美容外科の医師に相談し、最適な治療法を提案してもらいましょう。

目の下のたるみ治療の名クリニック
口コミ・評判総合ランキング→
目の下のたるみ・クマ 改善Q&A 関連ページ

PAGE TOP