目の下のたるみ・クマ 改善Q&A

目の下のたるみ・クマ改善のために知っておきたいこと

老けて見えたり、疲れて見えたりとマイナスの印象しか与えない目の下のたるみやクマ。そもそもなぜたるみやクマは発生してしまうの?改善するための手段とは?最も有効な方法は?……気になる数々のギモンにお答えします。

目の下のたるみ・クマ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

目の下のたるみを取る方法

歳をとるにつれて目の下にブヨブヨとしたふくらみができ、重力に逆らえなくなって垂れさがってしまう、目の下のたるみ。顔の中でもとくに目元にたるみができると一気に老けた印象になってしまい、年中疲れ顔に見られてしまいます。この嫌~な目の下のたるみを確実に取り払うには、どんな手段があるのでしょうか?

目の下のクマを消す方法

目の下にできてしまうクマには、「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」「赤クマ」といった種類があります。それぞれのクマが出来る原因は異なり、最適な改善法さえも違いますから、まずはご自分のクマのタイプを知り、クマ改善への最短距離を見つけることが肝心です。また、確実にクマを消し去る方法についても紹介します!

目の下のたるみ手術って何するの?

目の下のたるみ・クマを改善する一番の方法は、美容外科での治療です。美容外科では、専門の医師がひとりひとりの症状に合わせて治療法を提示してくれるだけでなく、美容医療自体も大変進化しているため、目の下のたるみやクマを劇的に改善することができます。ここでは美容外科で実施されているたるみ手術について解説します。

目の下のクマ治療って何するの?

目の下のクマもまた、美容外科でキレイに解消することができます。美容外科でのクマ治療は、どのようなことを行っているのでしょうか?美容外科にクマの相談にいくとまずカウンセリングで行われることや、事前に知っておきたいクマ治療のリスクについても紹介。美容外科に足を運ぶ前にぜひチェックを!

治療後の効果は何年もつの?

美容外科で目の下のたるみやクマの治療を行ったからといって、全ての治療が一生効果が持続するものとは限りません。持続効果は半年程度~半永久的など、治療法によってもさまざまです。とにかく末長い効果を得たい方、まずはお試し感覚でチャレンジしてみたい方など、それぞれにぴったりの治療法をご紹介。

治療の痛みとダウンタイム

目の下のたるみやクマを改善したいけれど、なかなか治療までは踏み切れないという方は、治療の痛みやダウンタイムを懸念している方かもしれません。ですが近年は、痛みやダウンタイムを極力抑えた治療法も登場しています。治療中の痛みについてはもちろん、麻酔の痛みから術後の痛み、ダウンタイムまで詳しく解説します。

目の下のたるみ取り失敗とリスク

治療を受ける前に知っておくべきことが、手術を行うことに関するリスク。どんなにスゴ腕の名医にお願いするのであっても、失敗がまったく起こらないとはだれも保障が出来ません。目の下のたるみ取り手術において考えられる失敗やリスク、たとえば眼球に傷はつくのか?顔に傷跡は残るのか?などの不安に回答します。

目の下のクマの『間違った』治し方

クマをご自分でどうにかしようと思ってはいませんか?生活改善や目にホットタオルを置くなどのケアであればいいのですが、ネットなどで怪しい自己治療グッズなどを購入して使用するのは絶対にやめましょう!一歩間違えると失明の恐れもあります。また、マッサージもやり方を間違えるとむしろクマを悪化させてしまいますよ。

目の下のたるみ・クマ解消法別 費用の相場

美容外科のメニューは、クリニックが各院で自由に料金を設定する『自由診療』がほとんどです。そのため同じ目の下のたるみ・クマ治療の治療法でも、クリニックによって費用が大きく違うことがあります。ですがやはりだいたいの適正価格はあるもの。知っておきたい、治療費用の相場をご紹介!

目元のクマ・たるみ治療に保険は適用される?

美容外科のメニューには、保険が適用される治療と適用されない治療があります。目の下のたるみ・クマ治療には保険は適用されるのでしょうか?また、適用される治療と適用されない治療の違いとは何なのでしょうか?そして、料金だけで病院を決めてしまうことのリスクとは…?保険適用のアレコレについてご紹介!

青クマの原因と解消法

睡眠不足が続いた日や、徹夜をした翌朝などに目の下にできるのが「青クマ」です。青クマは他のタイプのクマと違い、ケアをすることで比較的すぐに解消できるのが特徴ですが、なぜ青クマはできてしまうのでしょうか?青クマの原因と解消法、再発防止の予防策など、「青クマ」を徹底解説!

茶クマの原因と解消法

青クマとは違い、ケアしてもなかなか改善できないのが「茶クマ」です。目の下が黄みがかっていたり茶色くくすんでいたりするのが特徴ですが、なぜ茶クマはできてしまうのでしょうか?茶クマができてしまう原因と、茶クマに良いとされる改善ケアをご紹介。また、茶クマを予防するために見逃せない身体のサインについてもチェックを!

黒クマの原因と解消法

目の下がうっすら黒くなって見えるのが、いわゆる「黒クマ」。黒クマは血行不良や色素沈着などが原因ではなく、目の下のたるみが影をつくることでクマのように見えてしまっているもののこと。黒クマができてしまう経緯と、気になる解消法、スキンケアや食生活で気をつけることなど、すぐに実践できる予防策までまとめました。

赤クマの原因と解消法

例えばパソコンやスマホを長時間使用していたときに、目の下がぷっくり腫れて赤くなっているのが「赤クマ」です。赤クマは青クマと同じく比較的改善しやすいのですが、放っておくと大変なことになるので注意が必要!赤クマの原因は血行不良ですが、同じく血行不良が原因の青クマとは何が違うのか?改善策や予防法も詳しく紹介します。

目の下のクマって病気なの?

「クマができたら病気!」というわけではありませんが、目の下のクマがなかなか改善されなかった場合は、病気も疑ってみる必要があります。病気の中にはクマの発生を伴うものもあり、たかがクマと軽視していると取り返しのつかないことになりえます。ここでは症状としてクマが現れる病気や、病院へ行くレベルの症状について解説。

目の下のたるみ・クマ治療 名医の探し方

身体の中でも非常に大切なパーツである目元。目の下のたるみ・クマを確実に改善したいのであれば、安心して任せることができる『名医』を探すことが重要です。今はインターネットで簡単に近所の美容外科を探せる時代ですが、名医にかかるためにはやはり綿密な比較検討が肝。美容外科の名医を上手に見分ける方法を伝授します!

目の下のたるみを取る男性が増えている!

美容整形は女性がするものだと思っていませんか?実は近年、目の下のたるみやクマ治療のために美容外科にかかる男性が倍増しているんです。とくにコミュニケーションが必要な仕事に就く男性は、疲れ顔や老け顔はマイナスにしかなりません。仕事の成果も左右するたるみとクマ。男性のたるみクマ治療のメリットについて解説しました。

目の下のたるみ・クマ治療の名クリニック 口コミ・評判総合ランキング

PAGE TOP